Skip to content

美容外科の基本について知ろう

美容外科は、決して悪い部分を治療するわけではありません。
それよりも、新しい物を手に入れるために施術をする意味合いが強いのです。
そのため、基本的には保険の適用外となってなり、費用も全て自己負担することになります。

いろんな施術方法がある

美容外科と聞くと、凄く大それたことをするイメージがあります。
もちろん、本格的な施術方法もありますが、肌の一部だけを綺麗にしたり、鼻を少し高くするなど、かなり小規模な施術方法もたくさんあるのです。

日本ではどうしても偏見に見られがち

国によっては、美容外科を利用していない人の方が少ないところもあったりします。
しかし日本の場合は、どうしても美容外科に関しては偏見に見られてしまう傾向があります。
少なくとも、周囲に堂々と「美容外科に行ってきたよ」なんて言えませんし、バレないようにこっそりと行う人が大半なのです。

需要は年々高まっている

近年は、女性の美意識も高まっていますし、ダイエットやファッションなどもブームになっていることから、美容外科の需要も年々高まっているのです。
今は、予約であったりお店選びも、全てインターネットで行うことがでいるので、昔よりも気軽に利用できる環境が整っているのです。

もし美容外科の利用を考えているなら

もしも、これから美容外科を利用することを考えているのであれば、決して簡単に決めてしまうのではなく、じっくりと下調べをして、信頼できるクリニックを選び、カウンセリングもしっかりと受けた上で決めるようにしましょう。
そして、必ず自分の意思で利用するかどうかを決めるようにして、周囲の意見や議論には流されないようにしましょう。

美容外科は整形外科とはどう違うのか

よく、美容外科も整形外科も同じに扱われることも多いですが、この2つは全く異なる性質を持っているのです。
簡単に言えば、治療を目的としているかどうかの違いなのです。

整形外科は治療が主な目的

整形外科は、例えば体の関節を治すため、骨や脊髄の修復のためなど、いわゆる治療を主な目的としているのです。
整形外科にも、スポーツをメインとする整形外科もあれば、小児への整形外科もあったりします。
いずれにしても、何かしらの障害や外傷があった際に、整形により治療をするわけです。

美容外科はあくまで美容のため

一方で美容外科では、特に病気にかかっているわけでも怪我をしているわけでもなく、あくまでも美容のために整形を行うのです。
もちろん医療行為ではあるのですが、その目的が整形外科とは全く異なるのです。
顔を美しくしたい、鼻を高くした、二重まぶたにしたいなど、そういった目的で整形がされるのです。

共通しているのは外科行為をすること

美容外科も整形外科も、外科行為をする点では共通しているので、医療免許を持っている人でなければできないのです。